Home > 犬種の特徴

犬種の特徴専門ブリーダーの子犬

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(  最終更新 2011年12月31日 (土) 11:11   )

ロングヘアード・ワイマラナー

 

ロングヘアード・ワイマラナー(英:Long-haired Weimaraner)とは、ドイツ原産のポインター犬種である。日本でも有名なワイマラナーの長毛版犬種である。

 

歴史 :

 

本種が犬種として認知され始めたのはごく最近のことであるが、もともとはワイマラナーが生まれた19世紀ごろから存在していた。しかし、ワイマラナーのブリーダーは冷酷ともいえるほどに徹底した犬質の管理を行っていて、ロングヘアのワイマラナーは生まれるとすぐに殺処分されていたのである。しかし、ワイマラナーがアメリカ合衆国へ渡って広まった際、密かにロングヘアの仔犬を集めて保護し、ブリーディングを行う人がいた。その人は本種の美しさに見とれ、本種を独立した犬種として品種化する事を決めて更なる交配を重ねていった。ところが、伝統的なワイマラナーのブリーダーはロングヘア種の品種化を認めず、厳しく非難されたためFCIへの登録申請も行えなかった。しかし、ロングヘア種のブリーダーはめげずに本種の良さを世間に広め、ロングヘア種だけでなく通常のワイマラナーの良いところも伝えていった。それによって次第に本種はワイマラナーの愛好家にも認可されるようになっていき、ロングヘア種の愛好家も劇的に増加した。

現在ロングヘア種は幾つかのケネルクラブに公認されるようになったが、ドイツケネルクラブやアメリカンケネルクラブなどからは公認を受けていない。FCIにもとうとう公認されたものの、ワイマラナーと犬種番号を共有され、変種として見られていて独立した犬種として認知されていない。独立した犬種として認知してもらえるよう、ロングヘア種の愛好家はFCIに働きかけている。尚、日本においてもロングヘア種は飼育されているが、その頭数は他犬種に比べ圧倒的に少ないといわれている。

特徴 :

 

容姿はワイマラナーに似るが、より細身で体は美しいロングコートに覆われている。垂れ耳・サーベル形の垂れ尾にも飾り毛がある。毛色はワイマラナー特有のグレー・ゴーストで、灰色の毛並みは光が反射すると銀色に輝く。このコートは夏期には日焼けにより茶色くなりやすいが、冬期になると再び銀色の輝きを取り戻す。ボディは引き締まっていて、脚が長い。マズルは先細りで、目は小さい。体高57〜70cm、体重27〜30kgの大型犬で、性格は友好的で忠実、勇敢である。普通のワイマラナーと同じく、股関節形成不全症や血友病、逆まつげになりやすい傾向がある。訓練しやすく状況判断力も富むが、運動量は多い。

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

 

 


犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


ミックス犬の場合、顔つきや体格、毛色は様々です。

成長したら、どのくらいの体格になるか?予測は難しく、

一緒に生まれた兄弟同士でも、まったく違う姿に成長することもあります。



ミックス犬(雑種犬)は「純血種のような価値がない」「血統書も出ない」と見下される場合がありますが、

命ある生命、同じ犬であり、ミックス犬(雑種犬)はとても従順、優秀で健康です。



純血種と同じ環境下で飼育・しつけされたミックス犬(雑種犬)は素晴らしいコンパニオンドッグになります。 



また、ミックス犬(雑種犬)は純血種にありがちな遺伝的疾患のリスクが大幅に減少すると言われます。

よく 「雑種は強い(丈夫)」 と言いますが、その言葉はある程度的を射ています。

いろいろな種類の犬の血が交じり合うことで、弱点となる遺伝因子が淘汰され、

より健康的な因子が強化されていきます。



もともとは純血犬種であっても、他犬種の犬やミックス犬との交雑が2代、3代と続けば、

遺伝疾患や特定の病気にかかりやすいといった弱点も薄れていき、

同時に犬種の特徴的な外見も失われていきます。



両親犬からの遺伝については、一般的に長毛よりも短毛、薄い毛色よりも濃い毛色の因子が優性遺伝するのですが、

どの因子がどのくらいの割合で仔犬に受け継がれるかを予測するのは、非常に難しくなります。

異なる純血犬種同士の間に生まれたミックス犬であっても、両親からどんな特徴を受け継ぐかは、

生まれ出るまでわかりません。



純血犬種とミックス犬の間に生まれたミックス犬の場合、純血犬種の特徴が強く現れるようです。

ミックス犬とミックス犬の間に生まれたミックス犬では… どんな仔犬が生まれるか、想像もつきません。

そして、このバラエティーの豊富さと、「どんな犬になるか、育ってみるまでわからない」予測の難しさが、

ミックス犬の魅力の一つでもあります。

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2011年11月18日 (金) 06:08

ビション・フリーゼは、犬の品種。

歴史・外見上の特徴 :

フランス原産の犬。「ビション」は飾る、「フリーゼ」は巻き毛という意味。特徴は純白の巻き毛。愛玩犬にもかかわらず特殊な遺伝的疾患もなく、きわめて健康的な体質と健全な心をもつ稀な犬種でもある。その起源は古く、14世紀にはその存在が認められている。体重は3kg ~10kgで個体差が大きい。

地中海沿岸で「バルビー」と呼ばれていた大型のウォータードッグと、白い小型犬(マルチーズ等)を掛け合わせて作られたのが起源。この掛け合わせは「バービションズ」という系統として確立され、その後「ビション」と省略された。 当時「ビション」の系統は「ビション・マルチーズ」「テネリフェ」「ボロニーズ」「ハバニーズ」の4種類に分けられたが、その中で船乗りがカナリア諸島のテネリフェ島に持ち込んだとされている「テネリフェ」が後のビション・フリーゼとほぼ同じ犬種といわれている。

14世紀には船乗りたちがテネリフェ島からイタリアへ持ち込み、上流階級の人々の愛玩犬として注目を集めた。16世紀にはフランスのイタリア侵攻後にフランスに渡り、フランソワ1世やアンリ3世の愛玩犬として愛され、各地に人気が広まった。
ヨーロッパ各地に人気が広まって数世紀後、人気は停滞気味となり上流階級の愛玩犬からどこにでもいる家庭犬へ。道行く人々に芸を披露したり、サーカスなどで大道芸人たちに愛され、かろうじて生き延びることとなる。

第一次世界大戦により絶滅の危機に襲われることになり、保護した兵士たちもいたが、この犬種を絶滅から救おうという動きはほとんどなかったに等しい。後に数人のフランス人繁殖家たちがビション・フリーゼの救済運動に乗り出し、1933年、正式に「ビション・プワル・フリーゼ」(巻き毛のビション)と命名される。

その後、第二次世界大戦により再び存続の危機に見舞われるが、1950年代にアメリカに持ち込まれ、綿帽子のような大きな頭の「パウダーパフ」スタイルが開発された。その斬新なヘアー・カットからたちまち人気を集め、1971年にはAKCに承認された。

性格 :

性格は陽気で、動物大好き・人間大好きであり、人なつっこい。家族に非常に従順で、基本的に聞き分けはよい方である。番犬にも向くが、ネコのような奇妙な特徴をもつ犬種。

健康 :

飼いやすい犬種だが、小型犬であるにもかかわらず非常に活発で、ある程度の運動が必要となる。ただ、一人遊びも上手な犬種なので基本的に宅内でもそれなりに運動はこなす。階段の上り下りなど、本来犬が苦手とする行為も軽々とこなす。子どもに買い与えるに非常に適しているといえる。病気もあまりせず、また長生きでかつ人見知りしない点もあり幼少の子に与えれば成人するまでながく付き合うことができる。脱毛しにくく、耳の病気が多い。

また、大型犬とも上手にコミュニュケーションし、犬同士での喧嘩をあまりしない。ある意味八方美人であるともいえる。その性格から、ストレス性の疾患に注意が必要。
大体13年から16年の寿命だが、21年生きたビション・フリーゼもいる。

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2012年6月6日 (水) 21:13

パピヨン(Papillon)は、蝶が羽根を開いたような形の耳をした犬種である。

歴史RileyPapillon.JPG 別名

原種はスペインのトイ・スパニエルの一種とされている。15世紀以降、ポンパドゥール夫人やマリー・アントワネットをはじめとするヨーロッパ貴族の寵愛を受けるようになった。当時のヨーロッパでは入浴の習慣が無く、蚤やダニなどが、人に寄生するので、それを避ける為に犬を飼った。当時の肖像画には、主人とともにパピヨンとされる犬が描かれているものが見られる。有名なのは、オーストリアの宮廷画家マルティン・ファン・マイテンス(Martin van Meytens、1695年 – 1770年)の筆による『シェーンブルン宮殿の女帝マリア・テレジアとその家族』と題する3作の肖像画で、いずれの絵にも2頭のパピヨンとされる犬が登場している。

フランス革命の際には、革命軍によって貴族と共に数多くのパピヨンが殺害されたこともあった。

ブルボン朝の時代までは垂れ耳が一般的で、また、リスのように尾が巻いていることからリス犬と呼ばれていたが、19世紀末ごろに、スピッツやチワワと交配させて改良し、現在の立ち耳を持つタイプが出現したことで「パピヨン(フランス語で蝶の意)」と呼ばれる様になった。現在では、垂れ耳の個体はファレン(Phalène、フランス語で蛾の意)と呼ばれている。ネズミを追いかける習性があった。
特徴

* 小型犬
* 性格・性質

一見華奢だが割と丈夫、少し神経質なところがある。

* 体高 約28cm
* 体重 オス1.5~4.5kg、メス1.5~5kg
* 寿命 12~15年

健康上の注意点

遺伝性の病気は少ないほうだが、膝蓋骨脱臼と眼瞼内反症(逆さまつげ)になりやすい。
参考文献

* 愛犬の友編集部編 『パピヨン』 誠文堂新光社、2005年
* 「パピヨン」『ペット大図鑑』 goo

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2012年6月6日 (水) 21:13

パグの特徴

| パグ, 犬種の特徴 |

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2011年11月17日 (木) 15:39 )

パグ

パグ(Pug)とは、犬の種類(犬種)の一つ。短鼻の小型犬。短毛、垂れ耳。毛色はフォーン(サンプル画像の毛色)、黒、灰、白、シルバーなど。なお、黒以外の毛色の場合は鼻から口の周辺及び耳は黒い。
その名前の由来は、ラテン語で「握り拳」を意味する「pugnus(パグナス)」から、または、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇向(パー・クー)」から、古い英語で「優しく愛されるもの」からきているとも言われる。
紀元前400年の中国にて既に存在、16世紀オランダでは「ダッチマスティフ」・「ドワーフマスティフ」と呼ばれ、日本には第二次世界大戦後に紹介された。

特徴・性質 :

小型犬ながら、骨格はしっかりとしており、鳴き声も落ち着いた低い声である。ときには、高い声も出す。
飼い主と共に過ごすことで充足するとされる。
やや気まぐれでマイペースな面もあるが、温厚。プライドが高い。頑固。
短毛でダブルコート。

健康上の注意点 :

短吻種のため、暑さに弱く、寒さにも弱い。
垂れ耳と、特徴的な顔のしわに汚れがたまりやすい。
目が大きいため、眼球表面に傷が付きやすい。目やにも出やすい。
食欲旺盛で肥満になりやすい。
睡眠時にいびきをかくことが多い。いびきがひどい場合、鼻腔狭窄の可能性がある。
脂性なので皮膚病になりやすい。
先天性の場合と遺伝の場合が多いが、パグ脳炎という病気を発症する個体も多い(パグ脳炎の原因は不明で治療方法も未だ発見されていない)。

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2012年1月15日 (日) 02:12 )

スタンダード・プードル

プードル(Poodle)は、愛玩犬に分類される犬種のひとつであり、古くからヨーロッパで広くみられたものの、特にフランスでの人気が高かったことから、「フレンチ・プードル」と呼称されることもある[1]。
毛色は白、黒、灰、茶をはじめとして様々なものがあり、また国際畜犬連盟(FCI)の定めによれば、大きさによって「トイ」、「ミニチュア」、「ミディアム」、「スタンダード」の4種類に分類される。一般に利口であり、賢さにおいては全ての犬種のなかでもボーダー・コリーに次ぐ第2位であるとも言われる[2]。

概要 :

歴史 :
起源については不明な部分が多い。非常に古くからヨーロッパ各地にみられ、原産地を特定することは困難であるが、フランスで人気を博したことから、フランス原産とするのが一般的である[1]。一方、「プードル」の語源はドイツ語のPudel(プデル:水中でバチャバチャと音を立てる)であり、ドイツから移入された水辺の猟を得意とする犬が先祖犬であるとされる[1]。また、南欧のウォーター・ドッグ(水中作業犬)との混血説もある[1]。
フランス語ではプードルを、「Caniche(カニッシュ)」という。フランスでは16世紀ごろから上流階級の婦人のあいだでプードル(カニッシュ)の人気が高まり、ミニチュア・サイズのプードルが作出され、さらに、18世紀後半のルイ16世の時代には、トイ・プードルも作出された[1]。
プードルは泳ぎが得意で、もともとは鴨猟の回収犬として用いられていた。その後は、フランスやイギリスなどで小型化が行われ、次第に美的な要素も加味されて、今日の愛玩犬となった。また、第二次世界大戦では、救助犬としても活躍した。
特性 :
性格は利口で活発、活動的である[1]。最も知能の高い犬のひとつであり、躾は入りやすいが、甘えん坊で神経質な一面もある。また気の強さは毛色の順に、レッド(アプリコット)、黒(グレー)、白とする説がある。見た目のかわいらしさ、ゴージャスさや訓練性能の高さから、サーカスなどにも出演する。平均寿命は12~13歳。 近年ではプードルブームがあったため、金銭利益を主とした知識や経験のないブリーダーが作出した犬種標準から逸脱した犬(オーバーサイズ・気性が荒い・ミスカラーなど)が急増している。
日本におけるプードル :
1949年(昭和24年)、アメリカから黒のミニチュア・プードル等の3頭が輸入されたのが始まりである。
ジャパンケネルクラブの犬籍簿登録数(2008年度)は86,913頭であり、全ての犬種のなかで国内第1位である。内訳は、「トイ」 85,641、「ミニチュア」 90、「ミディアム」 9、「スタンダード」 1,173 であり、最も小型のトイ・プードルが大多数を占める。登録犬種の第2位はチワワ、第3位はダックスフンドであり、これら3犬種のトップ3は、2004年以降変わっていない。
分類 :

公認のサイズ分類 :
国際畜犬連盟(FCI)が定め、ジャパンケネルクラブが紹介するプードルのサイズ分類は、以下の4種のみである[1]。
スタンダード・プードル (Standard)
ミディアム・プードル (Medium)
ミニチュア・プードル (Miniature)
トイ・プードル (Toy)
スタンダード :
オリジナルサイズのプードル。もともとリトリーバーとして主人が撃ち落とした鳥を回収するのに使われていた。 現在は介助犬としても使われている。体高45~60cm。体重15~19kgの中型犬。
ミディアム :
ドッグショーにおけるサイズの過密を解消するために近年指定されたサイズのプードルである。 JKC等では認定されているが、ミディアムサイズを指定していない国も多いため、混乱も発生している。 日本でも指定したばかりであるため知名度はまだ低く、掲載していない犬種図鑑もある。体高は35~45cm、体重8kg〜15kg。
ミニチュア :
サーカスや家庭で芸を仕込むために、飼いやすいようスタンダードサイズのものを小型化したもの。 日本ではあまりなじみは無いが、アメリカなどでは人気が高い。体高28~35cm、体重5kg〜8kgの小型犬。
トイ :
ミニチュア・プードルを純粋に愛玩犬として飼育するために更に小型化したもの。 はじめは奇形がよく現れたが、改良の結果犬質が安定した。体高26~28cm、体重3kg前後の小型犬。
その他のサイズ分類 :
ティーカップ・プードル
一般的に体高が23㎝以下の小さなプードルがティーカップ・プードル(Teacup Poodle)と呼ばれている。ただし、JKC公認の犬種ではない。アメリカの雑誌で生後1ヶ月程度の仔犬が「Teacup(ティーカップ)」に入った写真が紹介され、それが話題となり、世界的に認知されるようになった。アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)でも公認はされておらず、一部のブリーダー達が【ティーカッププードル】の別団体を設立している。最近では遺伝子操作を利用してさらに極小化のものを輩出しようとしているが、様々な問題も生じている。
また健康な両親犬から輩出された仔犬は通常の仔犬と何ら変わらず、健康な飼育状態を維持できるが、小型化するために食事制限をしたり、長期にわたって低カロリーの食事を与え続けることで、ティーカップサイズに見せかけて販売しようとするブリーダーやショップ関係者も存在する。これらによるものは健康管理が難しく、また逆に、成長すると普通のトイ・プードルのサイズになってしまう場合がある。これは犬種の小型化とは異なり、故意に生育不良や低栄養状況にして成長させる悪しき例といえる。
非公認の変種 :
コーデッド・プードル(英:Corded Poodle)
非常に珍しいドイツで改良された変り種のプードル。作業のためにスタンダートサイズのものを改良し、コードのようなひも状の長いコートを持つものだが、後にスタンダードサイズに統括された。現在では主としてでなく変種として扱われていて、まれに海外のドッグショーなどで見ることが出来る。
プードル・ハイブリッド
コッカープー
毛 :

毛色 :
ジャパンケネルクラブ(JKC)で認可される毛色はホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパン。 基本となる三原色はホワイト、ブラック、ブラウン。これら三色を元にその他の中間色が生まれた。中間色は生後1ヶ月前後から退色が始まり、徐々にまたは急速に毛色が変化していく。ひとつの毛色の中でも、たとえばホワイトのプードルでも純白からクリームがかったビスケット色まで個体差が激しい。
JKCでは、単色の毛色(ソリッド・カラー)以外は失格としている。ただし、胸の白斑やシルバーの成長過程の濃淡は許容範囲とされる。ブラックタンなど二色の色の独特の模様を持つプードルはファントムプードルと呼ばれ、計画的に繁殖しないと色が安定しない。スタンダードファントムプードルは非常にまれである。日本国外ではファントムプードルも人気があり、アメリカンケネルクラブ(AKC)では、二色以上の毛色の犬を「パーティ・カラー」としている。
 

スタンダード・プードル

 

スタンダード・プードル

 

スタンダード・プードル

 

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

手入れ :
巻き毛のシングルコートで毛は抜けにくい。非常に毛が絡みやすく、毛玉が出来やすいため毎日のブラッシング、定期的なトリミングが欠かせない。
様々なクリップ :
トリミングのあらゆる基礎技術はプードルが基準になっている。もともとは冷たい水温から心臓と関節を保護する目的で胸部と足首の毛を残し、他の部位は水の抵抗を受けにくいよう刈り込むという泳ぐ為の便宜からきたスタイルであった。それが次第にファッション化されてトリミング技術の基礎となっていった。ドッグショーでは今でもよく見られるカットだが、現在の一般家庭では全体的に均一の長さにカットするテディベアを模したカットが愛らしいとして人気がある。しかし、かつては「トイ・プードルの間で現在流行しているテディベア・カットはプードルをはじめカットされた犬を生き物ではなくおもちゃとして勘違いさせ、飽きたらすぐに棄てたりなどする粗悪な扱いを受ける原因となるのでやめるべきである」というアメリカの某愛護団体から批判が出た事もあった。しかし日本にそれは伝わらず、アメリカでもいつしか忘れられていった。このカットが直接プードルの玩具化とは関わっていないとは言い切れないが、あくまでカットの方法や飼育環境は人それぞれであるため、全てがそうであるとは言いがたい。
豊富な被毛からトリミングの技術が生まれ、本犬種においても数多くのトリミングスタイル(クリップ)が開発されている。ドッグショーにおいてのショークリップから、トリマーやトリミングサロンのオリジナル、個々の犬の体型や毛量、毛質に合わせたクリップ、シュナウザーやテリア、ビション・フリーゼなどの他犬種に似せたカットなどその数は計り知れない。人間の髪型と同様、流行がある。カラーリング(毛染め)を施す場合もある[3]。

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

病気 :

プードルがかかることのある病気
膝蓋骨脱臼
進行性網膜萎縮症(PRA)
流涙症
レッグ・ペルテス・パーセス症
外耳炎
椎間板ヘルニア
てんかん
門脈シャント

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2012年1月15日 (日) 02:12 )

スタンダード・プードル

プードル(Poodle)は、愛玩犬に分類される犬種のひとつであり、古くからヨーロッパで広くみられたものの、特にフランスでの人気が高かったことから、「フレンチ・プードル」と呼称されることもある[1]。
毛色は白、黒、灰、茶をはじめとして様々なものがあり、また国際畜犬連盟(FCI)の定めによれば、大きさによって「トイ」、「ミニチュア」、「ミディアム」、「スタンダード」の4種類に分類される。一般に利口であり、賢さにおいては全ての犬種のなかでもボーダー・コリーに次ぐ第2位であるとも言われる[2]。

概要 :

歴史 :
起源については不明な部分が多い。非常に古くからヨーロッパ各地にみられ、原産地を特定することは困難であるが、フランスで人気を博したことから、フランス原産とするのが一般的である[1]。一方、「プードル」の語源はドイツ語のPudel(プデル:水中でバチャバチャと音を立てる)であり、ドイツから移入された水辺の猟を得意とする犬が先祖犬であるとされる[1]。また、南欧のウォーター・ドッグ(水中作業犬)との混血説もある[1]。
フランス語ではプードルを、「Caniche(カニッシュ)」という。フランスでは16世紀ごろから上流階級の婦人のあいだでプードル(カニッシュ)の人気が高まり、ミニチュア・サイズのプードルが作出され、さらに、18世紀後半のルイ16世の時代には、トイ・プードルも作出された[1]。
プードルは泳ぎが得意で、もともとは鴨猟の回収犬として用いられていた。その後は、フランスやイギリスなどで小型化が行われ、次第に美的な要素も加味されて、今日の愛玩犬となった。また、第二次世界大戦では、救助犬としても活躍した。
特性 :
性格は利口で活発、活動的である[1]。最も知能の高い犬のひとつであり、躾は入りやすいが、甘えん坊で神経質な一面もある。また気の強さは毛色の順に、レッド(アプリコット)、黒(グレー)、白とする説がある。見た目のかわいらしさ、ゴージャスさや訓練性能の高さから、サーカスなどにも出演する。平均寿命は12~13歳。 近年ではプードルブームがあったため、金銭利益を主とした知識や経験のないブリーダーが作出した犬種標準から逸脱した犬(オーバーサイズ・気性が荒い・ミスカラーなど)が急増している。
日本におけるプードル :
1949年(昭和24年)、アメリカから黒のミニチュア・プードル等の3頭が輸入されたのが始まりである。
ジャパンケネルクラブの犬籍簿登録数(2008年度)は86,913頭であり、全ての犬種のなかで国内第1位である。内訳は、「トイ」 85,641、「ミニチュア」 90、「ミディアム」 9、「スタンダード」 1,173 であり、最も小型のトイ・プードルが大多数を占める。登録犬種の第2位はチワワ、第3位はダックスフンドであり、これら3犬種のトップ3は、2004年以降変わっていない。
分類 :

公認のサイズ分類 :
国際畜犬連盟(FCI)が定め、ジャパンケネルクラブが紹介するプードルのサイズ分類は、以下の4種のみである[1]。
スタンダード・プードル (Standard)
ミディアム・プードル (Medium)
ミニチュア・プードル (Miniature)
トイ・プードル (Toy)
スタンダード :
オリジナルサイズのプードル。もともとリトリーバーとして主人が撃ち落とした鳥を回収するのに使われていた。 現在は介助犬としても使われている。体高45~60cm。体重15~19kgの中型犬。
ミディアム :
ドッグショーにおけるサイズの過密を解消するために近年指定されたサイズのプードルである。 JKC等では認定されているが、ミディアムサイズを指定していない国も多いため、混乱も発生している。 日本でも指定したばかりであるため知名度はまだ低く、掲載していない犬種図鑑もある。体高は35~45cm、体重8kg〜15kg。
ミニチュア :
サーカスや家庭で芸を仕込むために、飼いやすいようスタンダードサイズのものを小型化したもの。 日本ではあまりなじみは無いが、アメリカなどでは人気が高い。体高28~35cm、体重5kg〜8kgの小型犬。
トイ :
ミニチュア・プードルを純粋に愛玩犬として飼育するために更に小型化したもの。 はじめは奇形がよく現れたが、改良の結果犬質が安定した。体高26~28cm、体重3kg前後の小型犬。
その他のサイズ分類 :
ティーカップ・プードル
一般的に体高が23㎝以下の小さなプードルがティーカップ・プードル(Teacup Poodle)と呼ばれている。ただし、JKC公認の犬種ではない。アメリカの雑誌で生後1ヶ月程度の仔犬が「Teacup(ティーカップ)」に入った写真が紹介され、それが話題となり、世界的に認知されるようになった。アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)でも公認はされておらず、一部のブリーダー達が【ティーカッププードル】の別団体を設立している。最近では遺伝子操作を利用してさらに極小化のものを輩出しようとしているが、様々な問題も生じている。
また健康な両親犬から輩出された仔犬は通常の仔犬と何ら変わらず、健康な飼育状態を維持できるが、小型化するために食事制限をしたり、長期にわたって低カロリーの食事を与え続けることで、ティーカップサイズに見せかけて販売しようとするブリーダーやショップ関係者も存在する。これらによるものは健康管理が難しく、また逆に、成長すると普通のトイ・プードルのサイズになってしまう場合がある。これは犬種の小型化とは異なり、故意に生育不良や低栄養状況にして成長させる悪しき例といえる。
非公認の変種 :
コーデッド・プードル(英:Corded Poodle)
非常に珍しいドイツで改良された変り種のプードル。作業のためにスタンダートサイズのものを改良し、コードのようなひも状の長いコートを持つものだが、後にスタンダードサイズに統括された。現在では主としてでなく変種として扱われていて、まれに海外のドッグショーなどで見ることが出来る。
プードル・ハイブリッド
コッカープー
毛 :

毛色 :
ジャパンケネルクラブ(JKC)で認可される毛色はホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパン。 基本となる三原色はホワイト、ブラック、ブラウン。これら三色を元にその他の中間色が生まれた。中間色は生後1ヶ月前後から退色が始まり、徐々にまたは急速に毛色が変化していく。ひとつの毛色の中でも、たとえばホワイトのプードルでも純白からクリームがかったビスケット色まで個体差が激しい。
JKCでは、単色の毛色(ソリッド・カラー)以外は失格としている。ただし、胸の白斑やシルバーの成長過程の濃淡は許容範囲とされる。ブラックタンなど二色の色の独特の模様を持つプードルはファントムプードルと呼ばれ、計画的に繁殖しないと色が安定しない。スタンダードファントムプードルは非常にまれである。日本国外ではファントムプードルも人気があり、アメリカンケネルクラブ(AKC)では、二色以上の毛色の犬を「パーティ・カラー」としている。
 

スタンダード・プードル

 

スタンダード・プードル

 

スタンダード・プードル

 

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

手入れ :
巻き毛のシングルコートで毛は抜けにくい。非常に毛が絡みやすく、毛玉が出来やすいため毎日のブラッシング、定期的なトリミングが欠かせない。
様々なクリップ :
トリミングのあらゆる基礎技術はプードルが基準になっている。もともとは冷たい水温から心臓と関節を保護する目的で胸部と足首の毛を残し、他の部位は水の抵抗を受けにくいよう刈り込むという泳ぐ為の便宜からきたスタイルであった。それが次第にファッション化されてトリミング技術の基礎となっていった。ドッグショーでは今でもよく見られるカットだが、現在の一般家庭では全体的に均一の長さにカットするテディベアを模したカットが愛らしいとして人気がある。しかし、かつては「トイ・プードルの間で現在流行しているテディベア・カットはプードルをはじめカットされた犬を生き物ではなくおもちゃとして勘違いさせ、飽きたらすぐに棄てたりなどする粗悪な扱いを受ける原因となるのでやめるべきである」というアメリカの某愛護団体から批判が出た事もあった。しかし日本にそれは伝わらず、アメリカでもいつしか忘れられていった。このカットが直接プードルの玩具化とは関わっていないとは言い切れないが、あくまでカットの方法や飼育環境は人それぞれであるため、全てがそうであるとは言いがたい。
豊富な被毛からトリミングの技術が生まれ、本犬種においても数多くのトリミングスタイル(クリップ)が開発されている。ドッグショーにおいてのショークリップから、トリマーやトリミングサロンのオリジナル、個々の犬の体型や毛量、毛質に合わせたクリップ、シュナウザーやテリア、ビション・フリーゼなどの他犬種に似せたカットなどその数は計り知れない。人間の髪型と同様、流行がある。カラーリング(毛染め)を施す場合もある[3]。

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

スタンダード・プードル

病気 :

プードルがかかることのある病気
膝蓋骨脱臼
進行性網膜萎縮症(PRA)
流涙症
レッグ・ペルテス・パーセス症
外耳炎
椎間板ヘルニア
てんかん
門脈シャント

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2011年7月1日 (金) 18:02

スタンダード・シュナウザー

スタンダード・シュナウザー(英:Standard Schnauzer)とは、ドイツ原産のピンシャー犬種である。もとから存在していたオリジナルのシュナウザーであったため、単にシュナウザーと呼ばれることもある。犬種名の「シュナウザー」はシュナウツァーと表記されることもある。ワーキングドッグ時代の旧称はワイアーヘアード・ピンシャー(Wire-haired Pincher)。
目次  [非表示]
1 歴史
2 特徴
3 参考文献
4 関連項目
歴史 :

およそ14世紀ごろに作出された犬種で、ワイアーコートのピンシャー犬種から作出された。同国原産のジャーマン・ピンシャーは兄弟に当たる。もとはネズミの駆除を専門に行っていたが、牛を市場まで連れて行く牧牛犬として使われていたり、新鮮なミルクや牧草を積んだ荷車を引いたり、農場の番犬としても使われるようになった。
本種が世界的に有名になったのは1879年のことで、この年本種は初めてドッグショーに出場し、変わった容姿が注目された。このときの本種の犬種名はワイアーヘアード・ピンシャーであったが、ドッグショーに出場した個体のペットネームが「シュナウザー」であったことからその名で広く知られるようになり、いつしか犬種名として定着していった。翌1880年に犬種クラブが発足し、それ以来高い人気を保ってきた。
その後、これを小型化してミニチュア・シュナウザーが、大きくしてジャイアント・シュナウザーが作出された。本種はいまだ世界的には人気が高い犬種ではあるが、これらの子孫の人気に圧倒されて現在はあまり目立った人気が出ていない。今は実用犬として飼われているものよりもペットやショードッグとして飼われているもののほうが多い。日本でもあまり多くは飼われていないが、愛好家は多く国内でもブリーディング・販売が行われている。2009年度の国内登録頭数順位は134位中115位であった。
特徴 :

独特の口髭、顎鬚、眉毛が生えた仙人のような顔つきが印象的である。まさに、シュナウザー(顎鬚)という名にふさわしい犬種である。コートはラフコートで、死毛を指や専用のナイフで引き抜く「プラッキング」という特殊なトリミングを行うことで毛質が硬くなる。毛色はグリズル、ソルト・アンド・ペッパー、ブラック。脚と首は長く、体は筋肉質で引き締まっている。耳はボタン耳、尾は長い垂れ尾だが、耳は断耳して立たせ、尾は短く断尾することもある。体高は雄47〜50cm、雌44〜47cmで体重は雌雄共に23〜25kgの中型犬で、性格は家族に対しては忠実で優しいが、プライドが高く警戒心が強い。落ち着きがありしつけもしやすいが、見知らぬ人には中々なじまないが、主人か心を許しているのならば寄ってくる。状況判断力に富み、来客の良し悪しを見抜くのも得意である。ただし、他の多くの犬種と同様に、主人に知らせるためにどの客が来ても吠える。吠え声は良い客と悪い客とでは異なるという。かかりやすい病気はコートが目に入って起こる眼疾患などがある。

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より( 最終更新 2011年9月30日 (金) 06:11 )

スタッフォードシャー・ブル・テリア

スタッフォードシャー・ブル・テリアはイギリス原産の犬種である。
ブルテリア、アメリカン・ピット・ブル・テリア、アメリカン・スタッフォードシャー・テリア、アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリアとは近縁ではあるが別犬種である(後述)。

歴史 :

19世紀のイギリスで牛いじめ(ブル・バイティング)や熊いじめ(ベア・バイティング)と呼ばれる犬と熊や牛を戦わせる人気のスポーツ用に改良されて作られた。その名の通り、ブルドッグ(オールド・イングリッシュ・ブルドッグ)と数種類のテリア、スムース・フォックス・テリア、ホワイト・イングリッシュ・テリア等を交配し生み出された犬種で、かつては他種のブル・アンド・テリアと区別せずにその名で呼ばれていた。その他の呼称として、ピット・ドッグ、スタッフォードシャー・テリア、パッチド・ブルなどとも呼ばれていた。愛好家は非常に多く、闘犬としてだけでなく番犬としても飼育されていた。
スタッフォードシャー・ブル・テリアは1870年代に海を渡ってアメリカ合衆国へ輸出され、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアの基礎も築いた。尚、それがショードッグとして転身する際に愛好家の間で摩擦が起き、闘犬として使い続けるように要望し、結果分離独立して誕生した犬種がアメリカン・ピット・ブル・テリアである。アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリアはごく近年作出された犬種で、スタッフォードシャー・ブル・テリアが闘犬として使われる以前に持っていた「本来の姿」を取り戻すという目的で生み出された。ブル・テリアはもともと同名異種の別犬種であったが、ペット用に改良する際に本種の血が加えられた。
少し戻って1835年、イギリス政府の厳令により闘犬が廃止され、同時にKC(UK)に登録された。以後も一部の犬は違法なギャンブル闘犬として使われ続けたが、1920年代前半になると完全に闘犬から足を洗い、ペット及びショードッグとしてのみ使えるようにマンチェスター・テリアが交配され、体型が軽量化および性格面などの改良が行われ、徐々に攻撃的な気性が押さえられていった。改良は成功し、その結果ペット犬としてイギリスで広く飼育されるようになり、イギリス国内では違法な闘犬として使われることもほとんど無くなった。
イギリスでは常に登録数ベスト5に入る大人気犬種となっている。オーストラリア、ニュージーランドにも多く飼育される。
現在は世界中でペットやショードッグとして安定した人気を保っているが、日本ではあまり多く飼育されていない。とはいえ、毎年国内登録があり、常に登録頭数順位も高い。2009年度も国内登録が行われている(下の表を参考)。

がっしりした骨太で筋肉質の体つきをしている。マズルは太く短く、アゴの力は強靭である。額には少ししわが寄っていて、耳は半立ち耳。脚は太く長く、尾は飾り毛のない垂れ尾。コートはショートコートで、毛色はホワイト・アンド・ブリンドルやブリンドル、レッド、フォーン、フォーン・アンド・ブリンドルなどさまざまである。体高35~40cm、体重11~17kgの中型犬で、性格は無邪気で陽気で且つ人懐こい。然し、元闘犬のため興奮しやすく攻撃的な面も残っているので、 しっかりとした訓練がないと飼育は難しい。運動量は多めで、活発に走り回ることが大好きである。
サイズ :
体高:14〜16インチ(35.56〜40.64cm)
体重:24〜38ポンド(10.88〜17.23kg)
毛色 :
レッド、フォーン、ブリンドル、ブラック、ブルー、ブラック&タン、レバー、及びそれらの色に白が加わったもの、ホワイト。レバーとブラック&タンは好ましくない。
レッド
茶褐色、または茶色の毛色の総称。
フォーン
淡褐色。個体により色の濃淡に幅がある。
ブラック
黒。
ブリンドル
黒褐色にそれより明るい褐色が混じった毛色、またはそれらの総称。個体によりブラックブリンドル、フォーンブリンドル、タイガーブリンドルなどと明記されるが、定義は明確ではない。
ブルー
青みがかったグレー。
パイド
上記の色と白の組み合わせ。
ブラック&タン
黒地に目の上や頬、足先、胸に黄褐色のマーキングがある。好ましくないとされる。
レバー
透明感のある赤い毛色に、ダッドリーノーズと呼ばれるピンク色の鼻と眼瞼を持つ。目は金色。好ましくないとされる。
疾患 :

スタッフォードシャー・ブル・テリアに認められる疾患として、口蓋裂・口唇裂や白内障、緑内障、悪性腫瘍、関節炎、関節形成不全が挙げられる。
遺伝子検査、レントゲン診断で以下の疾患の有無が分かり、発症した犬またはキャリアの犬を繁殖しないことで確実に疾患を持った犬が減らせるため、繁殖前の健康診断・遺伝子検査が推奨される。
ED : Elbow Displasia – 肘関節異形成症
HD : Hip Dysplasia – 股関節形成不全
PL : Patella Luxation – 膝蓋骨脱臼、パテラ
L-2-HGA : L-2-hydroxyglutaric aciduria – 先天性脳神経症
HC : Hereditary Cataract – 遺伝性白内障

犬種の特徴

犬種別子犬出産情報

きなこランドの店長

きなこランドの店長
きなこランドの店長

店長の宮坂です。良質な子犬を 提携ブリーダーからへお届けしています!
また、子犬をお探しの方は お問い合わせフォーム
をぜひご利用ください。

株式会社ドリームポケット
東京都練馬区土支田3-20-1
お店: 050-7122-5731

受付:10時~20時
(年中無休)
※土日・祝日は、送犬・見学等で電話に出れない場合があります。

11東京都販第001030号

twitter facebook

犬種別子犬出産情報Ⅱ

    
TOPページへ